40代の転職5ステップ

40代の転職5ステップ

 初めての転職にはとても強い意志が必要となります。40代であれば最初で最後のチャンスと言ってもいいでしょう。失敗はしたくないですよね。失敗を回避する方法の中で見逃せないのが、転職の流れの把握。そしてその流れから脱線しないよう、確実に歩んでいくことが大切になってきます。

 

 

転職準備を整えよう

 まずは転職準備を整えましょう。ここは自分を見つめ直す良い機会であり、重要箇所でもあります。自分のことを把握しないまま転職活動を始めても流れには乗れませんし、思い描いていた将来とは異なる地へと足を踏み入れてしまう懸念も出てきます。「自分を持つこと」、これが転職準備となるのです。

 

【参考記事】
40代の転職希望者の増加
経験を持っている40代の市場価値の高騰
転職には有利なタイミングがある
利点と欠点を整理した上で、休職中の転職活動のアリ・ナシを判断してみましょう

 

求人情報を探す

 「エージェントに任せればいい」、この考え方も転職初心者がやってしまう大きなミス。確かにエージェントは頼りになりますが、自らの感覚で求人を検索し探し出す作業も平行して行った方が、より良い転職ができるケースが多いです。あくまでも「自分の転職」であることを意識しましょう。

 

【参考記事】
複数の求人媒体を使おう
転職エージェントを活用する
転職サイトの求人票のポイントとは

 

履歴書や職務経歴書作成のポイント

 自分なりの履歴書や職務経歴書を作ることが求められますが、個性が出過ぎると多くの企業では採用に難色を示す傾向があるようです。過剰なアピールを書類上で行うのも同じこと。あくまでも淡々と、しかし能力や入社の意志などが伝わるような履歴書・職務経歴書に仕上げましょう。

 

【参考記事】
志望動機をまとめておこう
履歴書在中や密封マークを忘れずに!
プロに聞いて解決しよう

 

家を出る時から面接モード

 面接は受付の段階から始まっています。面接官と対峙した時だけ良い格好をしていてもダメなのです。もっと言えば、家を出る時から始まっていると言ってもいいでしょう。面接ではどうしても日頃の自分が出てきますから、転職を決めた瞬間から面接モードに入って生活を送ることが必要です。

 

【参考記事】
清潔感のある身だしなみを心掛けましょう
基本的な事をマスターしよう
よくあるNG集まとめ
40代の転職未経験の転職希望者が理解していない面接後のお礼状

 

内定が決まったら

 転職未経験者の心理として多いのは、「内定が決まってから退職に関する一切の作業をしよう」というもの。入社日まで余裕があるのであればそれでもOKですが、そう都合よくいかないこともあります。転職活動をするからには退職準備も同時に始めることが望ましいでしょう。

 

【参考記事】
契約内容をしっかりと把握しておく
「挨拶」最初の一歩を上手く踏み出そう
意外と緊張する!?入社式での自己紹介を乗り切るには
40代の転職〜いまの勤務先から引き止められたら〜


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト