利点と欠点を整理した上で、休職中の転職活動のアリ・ナシを判断してみましょう

利点と欠点を整理した上で、休職中の転職活動のアリ・ナシを判断してみましょう

休職中の転職活動の利点

 

 休職中に転職しようかどうか思い悩む、そんな人はまず、休職中に行う転職活動の利点、これを知っておきましょう。

 

・時間をある程度確保することができ、自由に動くことができる
・仕事をしていないので、頭の中にも身体的にも比較的余裕を持ったまま活動を進めることができる
・仮に転職が上手くいかなかったとしても、復職すれば仕事を続けることができる

 

 休職中の転職活動で考えられる利点はこのあたりでしょうか。ただ、全ての休職中の人に当てはまるとは限らない点は覚えておいてください。休職するというのはよほどのことですから、単に無職の状態の人とは状況が違うはず。自分にどれが当てはまるのか、逆に当てはまらないのかは、冷静に判断しなければなりません。

 

休職中の転職活動の欠点

 

 休職中の転職活動が利点ばかりだと思ったら大間違い。もちろん欠点も存在しています。

 

・転職先にも休職中の職場にも、転職活動をしていることばバレると厄介なことがある
・それがバレてしまわないかと怯えながら転職活動を行うのは、精神的にしんどいことがある
・休職した理由によっては、充分な転職活動ができない可能性がある

 

 こんなところでしょうか。これも全ての人に当てはまることではないかもしれませんが、最初の利点と比較すれば、多くの休職中の人に該当すると思われます。

 

復職か退職してから転職活動を行いましょう

 

 休職中の転職活動で得られる利点と欠点を比較した場合、どちらが大きくなるのかは人によって異なると思いますが、恐らく多くの人は、欠点の方が大きくなってしまうでしょう。

 

 もし利点の方が大きくなるのであれば、そもそも休職状態にはなっていないはずであり、あるいは、既に復職することが可能なはずです。であれば、無理に転職活動をするよりは、復職して仕事をしながら、もしくは一度退職し、完全にフリーな状態で転職活動を行った方が、より利点を感じながら活動を進めていくことができるでしょう。

 

 

【関連記事】
40代の転職希望者の増加
経験を持っている40代の市場価値の高騰
転職には有利なタイミングがある


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト