志望業界の情報収集をしよう

志望業界の情報収集をしよう

志望業界の情報収集をする際のポイント

 

 40代の方たちにとっては、20代の若者以上に転職を効率的にいち早く進めたいと思おうものです。何より、応募できる数も、未経験でも応募可能な20代前半の若者と異なり限られているでしょうし、年を取る度に転職は不利になるわけですから、できるかぎり有力な情報を効率的に集収したいと考えるのは当然な話です。

 

 では、彼らが、志望業界の情報収集をする際に気をつけたいポイントはどんなことでしょうか?ここにそのポイントをまとめておきます。

 

★ココがポイント
・業界の成長度や景気・将来性を情報収集すること。
・あなたのやりたい仕事が実現可能かどうか調べること。
・あなたのキャリアやスキルを十分評価してくれるところかどうかを確認する。

 

 主なポイントはこの3つです。どんなに優れた企業であっても、将来性が乏しくすぐに潰れてしまうような企業なら、入社後すぐ倒産し職を失うことだって十分考えられます。まずは、志望先候補となる企業の将来性・成長度・景気について調べておき把握しておきましょう。

 

 そして、あなたのやりたい仕事が実現でき、キャリアやスキルを十分に発揮できるところかどうか確認しておくべきです。いくら実績のある企業であってもあなたのやりたい仕事が出来なければ意味はありませんし、特にキャリアアップしたいと考えているような方なら、成長性の低い企業ではキャリアアップは難しいでしょう。将来的に、あなたにとって最高の転職先になるかどうか調べておくことが、志望業界の情報収集をする際の大きなポイントなのです。

 

応募する前に知っておきたい情報

 

 どの企業の採用担当者、転職希望者に対しては、まったくの未経験な新人とは異なり、それなりに企業研究・業界研究されてきていることを前提に採用するかどうかを判断します。

 

 そのため、志望先の業務内容をある程度把握しているのはもちろんのこと、どのような人材を求め、転職後、どのように貢献して欲しいのかを理解していなければ、ただなんとなく転職希望されているやる気のない人とみなされてしまいます。

 

 つまり、応募前に知っておきたい情報は、採用担当者をもうならせるような、しっかりした企業・業界研究による、業務内容や期待している人物像などの情報なのです。

 

 これらの情報を集収することで、転職への期待値が上昇します。あなたにとって大切な志望先の、将来性・景気・やりたい仕事が出来る可能性・企業が求める人物像・業務内容をチェックし、効率的に企業研究して転職活動に役立ててくださいね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト