情報収集の種類について

情報収集の種類について

情報収集の種類について知ろう

 

 転職を成功させるために何よりも大切なのが、情報収集です。今現在、どんな求人情報が出ているのかを知らずして、転職できるはずありません。しかも、転職できればどこでも良いと考える人はともかく、これから10年20年勤める予定の仕事であれば、慎重に選びたいものですよね。

 

 40代にもなると、応募できる求人が限られてくる中、自分のスキルや方向性に合った求人を探すためには、1つでも多くの情報を得る必要があります。情報と言っても、求人情報はもちろん、業界情報、企業情報など、知っておく必要がある情報がいくつかあります。

 

 その業界が今後も長く続く業界であるかの見極めなく飛び込めば、定年前に業界が潰れてしまう可能性があります。同じく企業についても、経営状態や社風など、できる限り詳しく知ることで入社後のミスマッチを最小限に留めることになります。もちろん数多くの求人情報に触れることが何よりも大切で、取りこぼしなく集める努力を怠ってはいけません。

 

効率的な情報収集をするためのポイントとは?

 

 業界情報、企業情報、求人情報。これらの転職活動に必要な情報を収集するためには、ネットを利用して効率化することがポイントです。「○○業界 将来性」「○○業界 雇用情勢」「○○業界 転職」「○○業界 口コミ」などを検索してみれば、いろいろと情報が出てきます。

 

 企業情報に関しては、企業のホームページを参考にするのはもちろん、それなりに大きな企業であれば、転職者の口コミ情報が出回っているので「企業名 口コミ」「企業名 転職」などで検索してみましょう。

 

 また、企業代表者の名前も検索し、どのような活動をしているのかチェックしておくと良いでしょう。他にも、商品やサービスがあれば、それについての口コミ情報がないか検索しましょう。

 

 求人情報に関しては、無料で利用できる転職サイトに登録するのがお勧めです。「リクナビNEXT」「マイナビ転職」など、ネット上で全ての求人情報を検索できる検索型転職サイトと、「リクルートエージェント」「JACリクルートメント」などのようにエージェントが仲介するエージェント型転職サイトがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので両方を複数利用してみることをお勧めします。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト