笑顔で退職するために

笑顔で退職するために

退職日にすべきことは

 

 転職を機にいざ退職と、引き継ぎや、退職の報告・手続きなど、さまざまな準備を済ませやっと一段落。しかし、安心するのはまだ早いです。退職日にもやることはいろいろあり、これを怠ると、周囲から反感を買ってしまい、円満に代謝できない可能性もあります。では、退職日にすべきこととは一体どんなことなのでしょうか?ここにポイントとして挙げておきます。

 

★ココがポイント
・引き継ぎなどやり残したことがないか再チェックしておく。
・何か問題があった時のために、転職後の連絡先を渡しておく。
・退職の挨拶をしておく

 

 だいたい抑えておくべき退職日のすべきことはこの3点です。退職したからといって全く問題が起こらないとは限りませんし、もしかしてやり残したことがあるかもしれません。まずはやり残しがないか確認するのは当然ですが、最悪の事態に備えて転職後の連絡先も上司に報告しておきましょう。

 

 そして、挨拶なしに退職するのはマナー違反ですから、最後は気持ちよく笑顔で『お世話になりました』と感謝 の気持ちを込めて挨拶し、退職しましょう。

 

笑顔で退職するためのポイント

 

 円満退職しなければなにかと不都合なことが出てくるかもしれませんし、誰しも笑顔で退職したいものです。では、笑顔で退職するにはどのようなポイントに気を配れば良いのでしょうか?大まかなポイントをここに挙げておきます。

 

★ココがポイント
・日々の業務において、人間関係を良好なものにしておく。
・退職しても問題が無いように、いろいろ根回ししておく。
・退職日の挨拶もしっかり済ませておく。

 

 おおまかなポイントはこの3つです。人間関係を良好なものにしておき、あなたの担当してきた業務においての引き継ぎなど色々根回しをしておけば、大抵の方は笑顔であなたを送り出してくれることでしょう。

 

 ただし、挨拶もせずに退職してしまえば、『こいつ何様!!』と反感を持たれてしまう原因にもなりかねませんので、必ず挨拶するようにしましょう。先程もお話しましたが、今の会社での最後の日に笑顔で退職できなければ何かと気まずいものです。

 

 後々、転職先にも変な噂が蔓延し、居づらくなってしまうという悲劇が起こるかもしれませんので、最後の日に笑顔で退職できるように日々しっかり準備しておきましょうね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト