円満退職をするためのポイント

円満退職をするためのポイント

退職は円満退職でないといけない?

 

 円満退職できれば理想だけど、最悪喧嘩別れだっていいのでは?と考えている転職希望者がいらっしゃるようです。しかし、結論から言えば、退職は円満退職でなければいけません。それには明確な理由があります。

 

 実は、転職後、人事担当の方が前職の人事担当にあなたがどんな方だったか問い合わせることがあります。特に身辺調査しているわけではありませんが、企業としてもあなたの人となりは何かと気になるでしょうし、確認のために問い合わせるのでしょう。

 

 そこで、もし円満退職していないと、あなたの悪口を言われたりする可能性があります。もし変な悪口を言われたりすると、評判が悪くなり、そのため、変な誤解なども生まれ、最悪転職先の会社に居づらくなることも出てくるかもしれません。このような理由から、退職は円満退職でなければいけないのです。

 

円満退職をするためのポイントとは?

 

 退職は円満退職しなければならないと先ほどお話しましたが、では具体的にどのようにすれば円満退職出来るものなのでしょうか?ここに円満退職するためのポイントをいくつか挙げておきます。

 

 

★ココがポイント
・会社のルールに従い、迅速に退職の報告を上司に行う。
・出来る限り退職後迷惑が余りかからないように、仕事の引き継ぎはしっかり行う。
・退職の報告は遅くても一かけ月以上間を空けて報告する。

 

 大まかなポイントはこの3つです。基本的なルールは会社によって違うので、一度確認しておく必要がありますが、どの企業でも共通していることとしては、少なくとも転職する一ヶ月以上前には上司に報告しておかなければいけません。

 

 企業としても、人件費削減のためのリストラなど、会社の都合による退職ならまだしも、あなたの都合による退職となると、あなたが抜けることは大きな痛手を負うことになります。上司も仕事の割り振りなど雑務に振り回されることになり迷惑がかかります。

 

 もし急に仕事を辞めるとなると、その負荷もかなり大きなものとなってしまいますので、余裕を持って報告するのが最大の思いやりでありマナーです。また退職までの間、引き継ぎなど出来る事は自分でやっておかないと、勝手に退職しやがってと反感を買ってしまうおそれがあります。

 

 退職することは決して悪いことではありませんが、少なくとも余裕を持って出来る限り早目に報告し、引き継ぎや仕事に必要な資料作成など、事前に出来る事は自分でやっておきましょう。出来る限り余裕を持って報告し、また、自分でできる作業をこなしながら出来る限り上司や他の社員たちに負荷を与えないように津米てくださいね。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト