40代の転職〜いまの勤務先から引き止められたら〜

40代の転職〜いまの勤務先から引き止められたら〜

勤務先から引き止められたら

 

 40代で管理職として勤務していた場合、あなたが転職を決意して、退職を申し出た際に、会社から引き止められるのは想定の範囲内です。会社にとって、職責を担う人材を失うのは大きな痛手ですから、いろいろな方法で引き止めるかかることでしょう。

 

 会社にそこまで評価されているならと、もしかしたら退職を覆そうとする40代もいるかもしれません。ですが、情に流されて引き止めに応じて、後悔しないと言い切れないのなら、迷わず転職すべきです。

 

 年金支給の引き上げに伴い、定年も引き上げになりますが、雇用形態については企業の裁量によります。現在の勤務先でいまは必要とされているかもしれませんが、シニアになっても同じように働ける環境がないのであれば、転職先があるうちに将来に備える方が無難です。自分の現在だけでなく、将来を考えた選択をしてください。

 

転職計画と退職プランニングはセットで考える

 

 そもそも40代で在職中に転職活動をスタートするのであれば、退職のプランニングはセットで行っておくべきです。特に40代で社歴が長い、あるいは管理職を担っている場合は、後任人事や引き継ぎに時間がかかることが予測されます。

 

 就業規則通りの手順でことを進めたのでは、希望日に退職できない可能性もあるのです。そうした事態に陥らないためにも、早めに勤務先に申し出て、遺留工作があっても、転職先の入社希望日に間に合うように、しっかり段取りをするようにしましょう。

 

 それと同時に、これまでの人脈を活かすためにも、勤務先を円満退職できるよう、最大限の敬意を払うことも大切です。自分の都合だけでなく、会社の事情も理解したうえで、妥協点を探してください。

 

 

【関連記事】
契約内容をしっかりと把握しておく
「挨拶」最初の一歩を上手く踏み出そう
意外と緊張する!?入社式での自己紹介を乗り切るには


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト