「挨拶」最初の一歩を上手く踏み出そう

「挨拶」最初の一歩を上手く踏み出そう

手短にスッキリまとめる

 

 中途入社の場合、朝礼や朝みんなが業務を始めるタイミングで挨拶をする場合が多くなります。最初の挨拶は緊張するものですが、始業前の時間がない中での挨拶ですから、取りとめなく長く話すのではなくできるだけポイントを押さえてスッキリとまとめて話すよう心掛けましょう。

 

 名前、年齢、前職、これからの心意気など、事前にある程度考えておくとその時になって困りません。時間にして1分前後でまとめるとちょうどいいかも知れませんね。

 

身だしなみや話し方にも気を付ける

 

 最初の印象を良くするには、やはり見た目も大切です。やはり立派な40代ですし、初めての挨拶をする時に、シワのあるシャツであったり、髪がボサボサであったりすると、「だらしない人なのかな」、「ちょっと変な人なのかも」というような印象を持たれかねません。

 

 どれだけ立派な経歴があったとしても、人間性が分らないうちは第一印象が強くなりますので、それなりの清潔感が大切です。また挨拶をするときはハキハキと明るく、笑顔を忘れずにすると、周りの人たちも話しかけやすくなるでしょう。

 

 

【関連記事】
契約内容をしっかりと把握しておく
意外と緊張する!?入社式での自己紹介を乗り切るには
40代の転職〜いまの勤務先から引き止められたら〜


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト