40代転職未経験可の求人支援サイト

40代転職未経験可の求人サイトおすすめランキング

 ようこそいらっしゃいました。

 

 40代は、定年までを含めたライフプランが現実的になってくる頃です。収入やキャリア、やりがいだけでなく、家族のライフプランや暮らし方も含めて転職先を探していく必要があります。

 

 同じように転職を目指して成功された40代の方々は、実際にどの転職サイトを利用したのでしょうか?転職サイト利用者を対象にアンケートを取り、結果に基づいたランキング付けを行いました。ぜひ参考になさって下さい。


ランキングの調査結果はこちら

リクナビNEXT[当サイトでも一番人気!]
詳細
★★★★★
 このサイトは転職者の8割が利用したという実績を誇る、リクルートの転職サイトです。最大級の情報量の多さで会員登録された方をサポートします。  応募書類の書き方から、円満な退職方法など様々な面での疑問にもお答えして、スムーズな転職に繋げます。また非公開の求人情報もあり、スカウトオファーも受け取ることができます

簡単1分登録公式サイトはこちら みんなの評判詳細はこちら
利用者の声
良かった
ただ見るだけならどの求人サイトもそう変わりません。やっぱりそのサイト独自の機能を使ってこそナンボかなとは思いますね。ここは独自機能が会員専用なので登録する手間はありますが、他サイトに比べて機能が充実しているので良いかと。
良かった
体験談も利用者データも20代や30代ばかりで不安でしたが、40代からの転職でも十分活用できることを私自身が証明したと自負しています。求人が見つかるまでは少し時間もかかったようですが、それでも納得のいく求人が提示され、そこから転職までは滞りなく進みました。
良かった
40代からの転職ということもあり、その後にも不安を抱えていました。ところが、リクルートエージェントはアフターフォローにも対応してくれ、キャリアアップに繋がる相談にものってくれました。こうしたサービスは稀ですし、本当に心から頼ることができるエージェントだと確信しました。
良かった
文字だけのノウハウではなく、セミナーによって転職に必要なワザが伝授してもらえるのがここの良いところかな。これがなかったら3ヶ月で転職なんてできなかっただろうし。自分にぴったりな求人を見つけてくれるところもいいよね。さすがリクルートエージェント。
普通
求人数が多いと聞いて登録。話を聞いてみたら、私の希望職種は極端に取り扱いが少ないとのこと。それはしょうがないとして、私のキャリアから他の業種への転職を暗に勧めてくるのはいただけない。いや、私のためを思ってだろうが、私の意思が薄まるような提案はできればしないで欲しかった。
普通
数ヶ月間リクルートエージェントを活用してみたが、結局は40歳以上は対象外と感じるエージェントだった。皆無ではないだろうが、やはり難しいようだ。ただ、コラム的なものは読み応えもあり、応用できる部分は多そう。そう考えれば、一応役には立ったのかなとも思う。
リクルートエージェント[安心の無料プロサポート]
詳細
★★★★
リクルートグループの就職支援サイトです。無料で就職支援サービスを行います。専任のキャリアアドバイザーが転職について全面的にサポートをし、あなたの強い味方となります。  非公開の求人数も90%と多く、貴方のキャリアや技術、また資質にふさわしい会社選びにはとても有利です。まだ転職経験が無い方でも親切にアドバイス。様々な面から就職を応援します。
簡単1分登録公式サイトはこちら みんなの評判詳細はこちら
利用者の声
良かった
他の転職サイトでは40代以上の求人とあまり出会えませんでしたが、リクナビNEXTでは多くの求人と、これは私の希望に合うものですが、出会うことができました。これだけでも私にとっては価値のあること。しかも転職するところまで辿り着けたのは嬉しい誤算。たった3ヶ月の転職活動期間でした。
良かった
自ら検索できる、それに加えてスカウトも待つことができる。いいですね、リクナビNEXT。私はどちらも使ったのですが、最終的にはスカウトのオファーによって再就職。現在の会社はリクナビNEXTだから出会えたのは明白。私の一生を左右するほどの転機となり、とても良い転職だったと感じています。
良かった
レジュメというものの作成が苦手だった私。でもリクナビNEXTの「けいれきナビ」や関連記事を参考にすることで、とても良いレジュメが作成できました。きっと私のような中途半端なキャリアの持ち主が転職できたのは、こうした機能があったからだと思っています。もっとたくさんの人に使ってもらいたいです。
普通
40代以上の求人も豊富だと聞いて検索をしてみましたが、私は決してそうは感じませんでしたね。職種によって差があるのかもしれません。もしくは、年齢不問といった文言をそういった解釈にしているのかもしれません。私も応募を試みましたが、半ば門前払い的な扱いでした。中高年はきっと厳しい思いをするでしょう。
普通
転職サイトの中で比較されることが多い検索型と紹介型。前者に属するリクナビNEXTが優秀であるのは私も同感。でも、後者と比較するとやはり劣る。ある程度の年齢とキャリアがある場合には後者がお勧めですかね。私もリクナビNEXTをしばらく使ってましたが、転職はエージェントで叶えましたから。
キャリアカーバー
詳細
★★★★
求職者の職務経歴書などの求職者の情報に従って、求職者に合っているキャリアカーバーと提携するヘッドハンターを紹介するサービスです。志望する職種や合致したスキルなどの条件に合ったヘッドハンターを求職者やビジネスパーソンに紹介して、納得した面談で希望の会社の求人の情報を知る仕組みになっています。リーダーの育成のためにキャリアを磨き上げる目的を持って、納得した会社に入るためにキャリアを見つけ出すためのサービスであると言えます。
みんなの評判詳細はこちら
パソナキャリア
詳細
★★★★★
パソナキャリアはもともと企業へ人材を派遣する、総合人材サービスを行っているバックボーンがあります。そのため多くの企業との強いネットワークがあり、他の転職エージェントにはないような約1万2000社以上の求人情報が再掲されています。  これまでも求職者満足度NO.1に選ばれたり、人材紹介総合ランキングでオリコンで第2位に輝いています。さらにパソナキャリアを通じて転職した方々の、実に67.1%が年収アップを実現している人材紹介会社です。
みんなの評判詳細はこちら

 

1.40代の転職市場

 近年、40代の転職活動も当たり前になってきました。

 

 その背景には、不景気によるリストラや雇用形態の変化があり、必ずしもキャリアアップを求めてという前向きな理由で、転職活動を行う人ばかりではないでしょう。

 

 20代からシニア世代まで、転職希望者があふれている中で、40代の転職が難しいことには理由があります。それを理解し、払しょくすることが、40代の転職を成功させるカギになるのです。

 

2.40代の転職希望者のマイナスポイント

 では企業から見て、40代の転職希望者のマイナスポイントとは、一体どんなものなのでしょうか。

 

4つのマイナスポイント!
  1. ・若者よりも人件費が高くなる
  2. ・社内で人間関係を構築するのが難しいと懸念される
  3. ・考えが保守的である
  4. ・年代的に健康面に不安を感じる

 

 応募者個人ではなく、年代的にこうした問題があるだろうという先入観が、そもそも企業側にあるのが現実です。
 このマイナスポイントを払しょくするために、どうアピールするのかを、事前にしっかり考えておく必要があります。

 

3.マイナスをプラスに変えるために

 40代を中途採用するにあたり、前職や現職での給料が高額であればあるほど、自社で採用した場合の成果が明確でない限り、慎重にならざるを得ないものです。

 

 入社時に年収はダウンしても、その後に成果を上げたら給料をアップというような、企業側にもリスクの少ない方法を提示した方が、転職しやすいと思います。

 

 また、前職や現職で実績があればあるほど、自分の仕事のスタイルに固執する人が多いですが、新しい職場での実績はゼロからのスタートなのですから、職場では自ら働きかけて人間関係を構築し、協調性を持って仕事をするという姿勢を見せることが肝要です。

 

 健康面に関しても、持病がないことや、健康管理にどう気を付けているのかを、趣味や特技にひっかける形でアピールできれば、心象がよくなるはずです。

 

40代がアピールすべきもう一つのポイント

 

 40代の転職は、即戦力として、実績を出して当たり前という厳しいものが大半です。

 

 また、自分だけではなく、周囲を巻き込んで大きな成果につなげる、マネジメントスキルも求められます。マネジメントやコーチングの経験は積極的に伝え、自分をしっかりアピールしましょう。

 

4.40代向けの転職情報はどこから入手できるのか?

 

 40代の方にとっては年齢的にも、転職に不安を感じられるかもしれません。しかしリクナビNEXTでは、どこよりも登録企業の多さを誇ります。転職にはより多くの情報を獲得することで、選択肢を広げることが何より大事です。あなたを活かせる職場探しを、その情報量の多さを武器にサポートします。


 

 また、中にはこうしたサイトが未経験、あるいは転職そのものが未経験で良く分からなくてという方もおられるかもしれません。しかし、心配はいりません。このサイトは、どなたでも気軽に利用して頂けるよう、分かり易く登録も簡単にできるよう工夫されています。無料で使えるこのサイトは、転職には欠かせない貴方の味方です。



40代の方に読んで欲しいおすすめ特集

 


入社までに企業についての知識を深めておく

 転職先が決まってから初出勤まで、何もしないで時間が過ぎるのを待つなんて、そんな無駄な時間の過ごし方はありません。転職先決定から初出勤までには、しておきたいことが山ほどあるのですが、その中でも確実にしておきたいことをいくつかピックアップしておくので押さえておいてください。

 

 

勤務先から引き止められたら

 

 40代で管理職として勤務していた場合、あなたが転職を決意して、退職を申し出た際に、会社から引き止められるのは想定の範囲内です。会社にとって、職責を担う人材を失うのは大きな痛手ですから、いろいろな方法で引き止めるかかることでしょう。

 

40代の転職未経験が面接後のお礼状が必要だと知らない背景・事情

 

 現在40歳で転職活動を一度もしたことがなく、長年、今の会社に務めていることを前提に考えると、その人が、就職活動を過去にしたのは、約20年前の話だと思います。

 

続きを読む≫ 2015/10/06 14:20:06 面接

休職中の転職活動の利点

 

 休職中に転職しようかどうか思い悩む、そんな人はまず、休職中に行う転職活動の利点、これを知っておきましょう。

 

・時間をある程度確保することができ、自由に動くことができる
・仕事をしていないので、頭の中にも身体的にも比較的余裕を持ったまま活動を進めることができる
・仮に転職が上手くいかなかったとしても、復職すれば仕事を続けることができる

 

40代で転職を思案している人なら、当然オフの時間には求人情報の検索や業界動向の情報収集に余念がないでしょう。しかし・・・転職の成功とはそれだけでよいのでしょうか?!あなたの心身が最高でなければ、どのような理想的な会社に転職できたとしてもパフォーマンスをあげることはできないでしょう。体調管理のトリビアを考えてみましょう。

 

早寝早起きを心がけよう!

電波時計アラームをセットして毎朝同じ時間に起きだすことができるようにしましょう。ネットには起床時間や睡眠時間を記録するサイトもあります。睡眠時間をきちんと管理することで、驚くほど健康的な日々が手に入ります。ネットのだら見をやめて30分早く就寝するだけで不規則な生活から脱出できるでしょう。

概要紹介

キャリアカーバーに登録をして、ホームページ上などからトップクラスのヘッドハンターを登録者の意志で選ぶことができます。将来的に希望する業種などを絞り込んで、将来的に有能になるようなヘッドハンターを探していく機能があります。
希望するヘッドハンターを見つけたら、実際にヘッドハンターが、ビジネスパーソンなどの履歴書などの情報に基づいて、将来的に有望な会社に入るための求人の情報を提供したり、キャリアを伸ばしていくための育成を行うサービスを提供しています。

 


利用時のメリット紹介

キャリアカーバーに登録した場合、基本的に自分の意志でヘッドハンターと交渉が出来て、希望するリーダーになるためのノウハウを身につけられることがメリットです。転職の全般に関する支援を行う事を基本として、求職者のキャリアやメリットなどを人事などに紹介します。ヘッドハンターがビジネスパーソンや求職者の将来に向けた視点で長期的にお付き合いをしていって、会社に転職してまもなくリーダーになったときに部下の人材の育成の方法などを教えてくれます。更なるキャリアアップに向けて、長期的にヘッドハンターが、パートナーになっているビジネスパーソンをバックアップさせます。現在の成長の状態を把握して、キャリアを作っていく際に味方になれるヘッドハンターを見つけられることがメリットです。

 

利用時のデメリット紹介

キャリアカーバーを経由して合致しているヘッドハンターを見つけたとしても、会社が求めている人材や交渉の状況などによっては、望んでいる会社に転職できなかったり、望んでいるキャリアを身につけられない場合もあります。職務経歴書などの情報に基づいて、現時点のスキルやキャリアの状態によっては、ヘッドハンターが紹介をしてくれないというデメリットがあります。

話に「オプション」を用意しておく

 

 入社のタイミングが新卒者と近い場合など、全社員を前に入社式で自己紹介を頼まれることがあります。しかも40代という年齢を考えると、そのような場でもそれなりに上手に話すことも求められるでしょう。

 

手短にスッキリまとめる

 

 中途入社の場合、朝礼や朝みんなが業務を始めるタイミングで挨拶をする場合が多くなります。最初の挨拶は緊張するものですが、始業前の時間がない中での挨拶ですから、取りとめなく長く話すのではなくできるだけポイントを押さえてスッキリとまとめて話すよう心掛けましょう。

 

契約内容の確認

 

 内定を得て入社する前に、必ず新しい会社での契約をじっくりと確認してください。一番注意したいのは「正社員としての起用か」、「給与」、「待遇、福利厚生」なのです。40歳にもなってくると収入面でも体力面でも妥協ができなくなっていきますので、抜かりがないようにしてください。

 

自虐しない

 

 40代ともなると面接内容もより厳しいものとなるでしょう。その対応方法によっては減点されることもあるので注意が必要です。やはり40歳以上であればもう若くはなく、体力に不安があるのは当然です。

 

続きを読む≫ 2014/12/17 11:42:17 面接

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPへ 転職5ステップ 転職サイト